必修科目

プログラミング入門・同演習 1年前期 必修科目
Java言語の簡単なプログラミングを学びます。逐次実行、判定、繰り返し、 メソッドなどの制御構造、基本データ型、配列などのデータ構造、 基本的な入出力について学び、簡単な問題(数十行のプログラムで解ける程度の問題) のプログラムを自分で書けるようになることを目指します。 本講義ではJava言語の手続き的な側面だけを扱い、オブジェクト指向的な側面は 「オブジェクト指向I」以降の講義で扱います。


オブジェクト指向I・同演習 1年後期 必修科目
クラス、インスタンス、インタフェース、継承などオブジェクト指向の プログラミング言語に現れるいろいろな概念や、モジュール化、カプセル化、 仕様と実装の分離などプログラムを設計する上での基本的な考え方を学びます。 また、コレクションなどの基本的なクラスライブラリの使い方もマスターします。


オブジェクト指向II・同演習 2年前期 必修科目
オブジェクト指向Iに続く科目として、ポリモーフィズム、スレッド、入れ子クラス、 抽象クラスなどさらに高度な概念を学びます。また、GUIツールキット、 入出力ストリーム、ネットワーク、データベース(JDBC)、アプレット、 サーブレットなどのクラスライブラリを利用し、いろいろなアプリケーションを作成します。


アプリケーションデザイン・同演習 2年後期 必修科目
オブジェクト指向IIで学んだJavaの知識を生かして、Webアプリケーションを開発方法について学びます。Java プログラミングについての経験を積みつつ、 Webアプリケーションの仕組み、JSP, サーブレット、データベースなどについて学びます。その過程において、MVCフレームワーク、UML, テスト指向設計など、Javaに限定しないアプリケーション開発設計技術について学びます。


情報表現 1年後期 必修科目
コンピュータにおいて、文字、図形、音声、音楽、静止画、動画等の情報が どのように扱われているのか、またマルチメディア情報を扱いやすくするために どのような工夫がなされてきたのかについて学習します。 具体的には、自然界においてアナログ信号の形で存在する手書き文字やイラスト、 人間の会話、音楽、風景写真等をデジタル化するとはどういうことなのか、 その目的、方法について、深く理解することを目指します。


アルゴリズムA・同演習 2年前期 必修科目
効率的なプログラミングの基礎となるアルゴリズムとデータ構造に ついて基本的な学習をします。 具体的には、データ構造(配列、連結リスト、木構造)、 探索(ハッシュ法、二分木探索、平衡木)、整列などのアルゴリズムについて学びます。


アルゴリズムB・同演習 2年後期 必修科目
アルゴリズムAで学習した内容をさらに発展させて学習します。 計算量の概念を理解し、バックトラックや動的計画法などの 比較的高度なアルゴリズムについても学びます。 学んだアルゴリズムを応用して、効率のよいプログラムを作成できることを目指します。


情報数学基礎・同演習 1年前期 必修科目
集合、写像、関数、命題などの基礎的な概念とその性質や取り扱い方を学びます。 集合や命題は高校の数学でも学びますが、これらは数学だけでなく情報科学に とっても大事な概念です。 また命題そのものを数学の式のように扱いますが、これはコンピュータの プログラムを理解するうえでも重要です。


微分積分・同演習 1年後期 必修科目
指数関数、対数関数、三角関数などおなじみの関数について、高校の復習から 始めて高校では習わなかったテーラー級数展開などを学びます。 これによって関数の値を望むだけ正確に計算することができます。 また複素数まで考えると指数関数と三角関数とが同じ関数に見えてきます。 また周期的な現象を調べるフーリエ解析の初歩も学びます。


線形代数・同演習 2年前期 必修科目
行列とベクトルは数学の重要な概念ですが、情報科学においても広く応用されています。 この科目では、まず行列とベクトルの演算(和と積)を定義し、連立一次方程式の 解法を学びます。 また、三次元空間の回転、射影などを学び、これをコンピュータ・グラフィックスへ 応用することを試みます。


確率統計・同演習 2年後期 必修科目
確率・統計の基本事項について学びます。21世紀はデータの時代といわれており、確率統計の重要性は増してきています。確率・統計はコンピュータサイエンスとの関係が深く、両者を身につけておくことが重要です。この授業では特に統計学に必要とされる確率論の基本事項について勉強します。


津田塾大学情報科学科