選択科目(毎年開講)

コンピュータリテラシーI 1年前期 選択
コンピュータとインターネットを使いこなすための基本知識と基本操作を学びます。電子メールやWebの利用方法のほか、ワードプロセッサ、表計算などのアプリケーションの基本的な使い方と簡単なWebページの作り方を学びます。


コンピュータリテラシーII 2年前期 選択
コンピュータリテラシーIに続く科目として、ワードプロセッサ、表計算、プレゼンテーションなどの実際の業務でよく使われるアプリケーションの高度な使用方法ついて学びます。


Web入門 2年前期 選択
インターネットでもっともよく使われるアプリケーション、World Wide Web (Web) の仕組みについて学びます。WebブラウザとWebサーバーの仕組みから始まって、Web検索サービス、Webアプリケーション、Webセキュリティなど について学びます。


Webテクノロジー 2年後期 選択
HTML、CSS、JavaScript等、Webのクライアント側で利用されている標準的な技術について学びます。さらに、jQueryによるDOM操作やAjaxなどの発展的な話題も扱います。この科目は講義科目ですが、数回は演習を行い、実際に手を動かすことで理解を深めます。


離散数学 2年後期 選択
離散数学はまさに離散的な対象を扱う数学の分野であり、そういう意味では非常に広い分野の対象が離散数学の対象といえます。コンピュータサイエンスとの関係が深く、具体的なアルゴリズムを設計する際にその知識が生きることがよくあります。この授業では特に離散的な集合の数え上げについて学びます。


コンピュータアーキテクチャ 3、4年 選択
ディジタル回路の基礎や、コンピュータの構成・高速化技法について学習します。回路の基礎として、組合せ回路、カルノーマップ、フリップフロップ、順序機械などを学びます。さらにコンピュータの構成を学習し、コンピュータの高速化技法について理解します。


コンピュータグラフィックス 3、4年 選択
マルチメディアを支える中核技術であり、現在ではゲームや映画等のエンターテイメントの他に医療、産業応用、科学、教育、芸術と幅広い分野で発展を続けて いるコンピュータグラフィックス(CG)についての歴史から基礎技術について学習します。CGの基本となる2次元画像処理、図形表示と変換、モデリング (ワイヤフレームモデル、曲面モデル)、レンダリング(陰線消去、シェーディング等)、コンピュータアニメーションの原理について、適宜プログラムを実際 に動かして、確認をしながら理解を深めていきます。


データベース 3、4年 選択
データを表の形式で表すというデータモデル、表に対する演算である関係代数、データの重複なくす設計理論(正規化)など、関係データベースの基礎理論につ いて学びます。その上で、データベース言語SQLを学び、実際にデータベースを操作する方法を習得します。さらに、プログラムの中からデータベースにアク セスする方法、データベース管理システムの機能、アーキテクチャ、運用方法や、トランザクションや並行制御などについても触れます。


コンテンツデザイン 3、4年 選択
コンピュータリテラシーIに続く科目として、Webサイトのデザインと構成方法、マルチメディアデータを利用したコンテンツ作成方法について学びます。


情報セキュリティ 3、4年 選択
日常生活の社会情報システムへの依存度が高まりつつある現在、情報システムのセキュリティを確保、より高めることがますます重要になっています。不正アク セスやコンピュータウィルスの脅威からユーザやネットワークを保護するために、認証、アクセス管理、ネットワークセキュリティ、コンテンツ著作権保護等の 基本技術と共に、人間系も含めたトータルセキュリティを実現するための情報システムの設計、運用法について学習します。


津田塾大学情報科学科